Fireface UC で困ったことが解決した

私はパソコンを使う時、基本的にヘッドホンを使っています。
で、ある時異変に気付いた。
「あれ、なんか音が偏ってる……?」
そう、ヘッドホンの左右で明らかに音量が違うのです。
で、ヘッドホンはパソコン本体に繋いでいるワケではなく、「オーディオインターフェイス」という機材に接続しています。
これはレコーディングなどにも使う機材なんですが、当ブログの読者はそんなの知らない・興味ない人がほとんどだと思うので割愛。
で、その機材は「Fire face UC」というものを使っています。

で、話題は戻って上記の症状が出ていたわけですよ。
おかしいな思い確認してみると、

おお!?
「R69」ってそりゃ偏ってるわけだ。
と思い、直した。
ちなみにこれは「パン」といって左右のバランスを変えることができる機能です。

で、後日、
また偏ってる……。
なんでだよ!
と思って、ふとボリュームつまみを回してみると一緒にパンも変化してるじゃん!ということが判明。
そんな機能あったの??と思いつつ調べてみるとすぐ判明。
どうやら
「シングルチャンネルモード」になっているらしい。
解決方法としては、
その場合 “CH” のLEDが点灯した選択した状態でエンコーダのつまみを1秒以上長押しすると、元に戻ります。
とのこと。

これで解決。やれやれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*