Tracktion

最近、DAW(音楽ソフト)のTracktionを使い始めました。

まあいわゆる録音するためのソフトです。
月詠でリハをする時、録音しますが、リーダーのレコーダーで録音していましたが、置く場所によって聞こえ方が全然変わってしまう。
まあ当然なんですが、それだとよく聞こえないパートが出てきたりしてあまりよろしくない。

で、各楽器マイクを使っているんだからそれを録音すればいんじゃん?
って事でPC持ち込んで録音してみる事にしました。
最初はミキサーにUSB端子がついているからそれでいけるじゃん、と簡単に考えていました。
使った事が無かったので、自宅で試してみたら録音は出来るけど、どうやってもノイズが乗る。
調べてみたら仕様みたい。
意味ねーじゃん!この機能、と思いつつ仕方がないので、この方法は断念。
で、よく考えたら私のオーディオインターフェイスは10in14out。
これなら大丈夫じゃない?という事でミキサーは使わず、オーディオインターフェイスとPCでいけそう。

その時に使う録音用ソフト。

基本的に私は「CUBASE」というソフトを使っています。
しかし、これは使用する時「ドングル」という機器をUSB端子に挿しておかないと、使用できないという面倒な仕様。
まあ不正コピー防止のためなんでしょうが、外で使う時これが結構邪魔。
しかも忘れたらソフトを使えないという弱点が。

それは面倒だなーと思ったので、違うソフトを使ってみることにしました。
で、「Tracktion」。
これはミキサーの有名メーカー「MACKIE」の開発したソフトで、ミキサーを買ったら付いてきました。
せっかくなんで使っておこうという貧乏根性が発端でした。

使ってみたら意外と(?)使いやすい。
全部英語なのはアレですが、直感的に分かりやすいので問題なし。
ただ、ファイル名を日本語(全角文字)にすると文字化けするのが弱点ですが。
ソフト自体も45MBしか無いので軽い。

うまく録音できるといいな~
[wp_ad_camp_1]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*