尺八の録音

今日は録音の仕事でした。
録音の仕事の時は大体楽譜が無いか、あっても当日なのでありったけの尺八を持っていきます。

尺八は穴が5つしか無いので出しやすい音と出しにくい音がはっきりしています。
なので、キーによって長さを変え、無理の無い運指にできるように考えます。

なので、まず楽譜をもらってこれは何寸管が合うか、すぐ判断しなくてはいけません。
ですから、尺八の事を知り尽くした人が作った曲だと割りと吹きやすいのですが、なかなかそんな人はいません。
ですので、数種類の尺八が無いと録音の仕事では大変です。

ああ、あの管なら楽に吹けるのに・・・と思っても、そこに無かったら後の祭り。
ですから使うかどうか分からなくても一応あるだけ持って行きます。

数本持って行って結局一本しか使わなかった、なんて事もありますが、足りないよりはましと思うしかありません。
そんな訳で、録音の仕事の時は難しい曲だったらどうしよう・・・と考えながら向かいます。

まあどうにかなりますけどね!

今日は9曲録音しましたが、4時間位で終われました。
よかったよかった。

「尺八の録音」への2件のフィードバック

  1. レコーディングお疲れ様でした…
    さすが短時間で終了とは…
    和楽器は苦労が絶えないですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*