五線譜を尺八譜に自動変換するソフト「ShakuViewer」を使ってみた

ネットでこんな記事を見つけました。

洋楽で使われる五線譜を、尺八や箏(こと)などの邦楽器の縦譜に自動変換できるソフトを、北陸先端科技大学院大のラズバン・ベウラン特任准教授(39)=ルーマニア出身、野々市市=が開発した。
ベウランさんは外国人として県内で唯一、都(と)山(ざん)流尺八准師範の資格を持つ。
邦楽の普及を目指し、洋楽とのコラボレーションが盛んに行われる中、ソフトで取り組みを後押しする。
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20160815104.htm

五線譜から尺八譜に自動変換!?
夢のようなソフトじゃないか!ということで早速使ってみました。
ダウンロードはここから。
https://sites.google.com/site/razvanswebsite/software/shakuviewer
なんと無料で使用できる!

使い方ですが、どうやらMusescoreと連携させるらしい。
ちなみにMusescoreとは、無料で使える楽譜作成ソフト。
かなり高機能で、こちらも以前紹介していました

ものは試しということで、早速楽譜を作ってみました。
まずはMusescoreで五線譜を作成。
曲はSEKAI NO OWARIの「RPG」。
2016.8.16
ちなみに著作権の関係で、見やすく載せることは出来ませんのであしからず笑

これをShakuViewerを使うと、
2016.8.16-2
こうなった!

こりゃすげえ!
尺八の長さも好きに変えられるし、ブレス記号も入れられる。
さすが、尺八吹きが作っただけのことはある。

ただ、弱点もいくつか。
五線譜にはいろいろと記号がありますが、これも尺八譜の表記にしてくれる。
それは非常に便利なのですが、出せる記号が限られているみたいです。
例えば、セーニョ記号は
2016.8.16-3
こういったように文字にされてしまいます。
個人的には、ここは記号のままでもよかった気がします。

あと、是非pdfで保存する機能が欲しい!

ただ、無料なんで文句言えませんけどね!

とりあえずこの楽譜は学生の練習にでも使おうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*