専大三曲の第50回定期演奏会が終わった!

終わってしまいました。専大三曲の定演が。
今年は50回ということで出演することになり、指導と演奏ということで例年よりとても大変でした。
でも、苦労した分、終わった時の開放感はハンパないものがありました。

そして、何よりこの日、この瞬間のために何ヶ月もかけて練習してきた学生達。
悩んで、苦しんで、それでも歯を食いしばって前に進んできました。
指導者として、一番近くでその姿を見てきた私の目には、彼らが演奏している姿は、とてもまぶしく映りました。

今年は400人を超える来場者だったようです。
私が学生だった頃とは比べ物にならない数です。
それだけ頑張ってきたのでしょう。
みんなの努力の結果がこうして数字となって見えるのは素晴らしいことですね。

で、終演後は恒例の卒業生打ち上げです。
今年は、多くの卒業生が参加してくださいました。
私よりはるかに年上の先輩方にも会えたり、年に一度、とても楽しみにしている会でもあります。

今年で50回。ということは半世紀にわたって続いてきたことになります。
この記念すべき演奏会に演奏者としても参加できたことは、卒業生としてこの上ない喜びです。
また、これまでの諸先輩方のおかげで今があります。
こうして回数を重ねてこられたのも、今まで三曲研究会に所属していた全ての人たちの努力の結晶であることは間違いありません。

とにもかくにも、頑張った学生たち、お疲れ様!
でも、これで終わりじゃありません。
日々の練習こそが、上達への道となります。
これからも一緒に頑張っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*